Coming Soon...

KEY WORDS
#意識の情報理論的研究(統合情報理論、情報生成理論、情報閉包理論など)。
ブレイン・マシン・インターフェースのための #AI技術。
#脳と脳の通信技術の開発。

Highlights

Coming Soon...

MineRL Competitions

Members

笹井 俊太朗 Ph.D.
Chief Research Officer
2013年に東京大学大学院教育学研究科にてPhD取得(早期修了)。渡米し、University of Wisconsin-Madison医学部研究員として、意識の神経メカニズムの研究に従事。意識の統合情報理論の提唱者と共に理論の構築と検証に取り組む。意識の神経基盤に対応する脳部位の特定に寄与する成果を挙げたのち、2020年11月にアラヤに入社し、2021年10月より現職。意識理論を応用した「心をつなげるBMI」の社会実装を目指し、神経科学とAIの融合領域における基礎研究と、それを応用した新たなニューロテックプロダクトの開発を進めている。
佐藤 元重
インターン
東京大学大学院薬学系研究科博士課程に在籍中。脳と人工知能の共生に興味を持つ。現在、脳のデコーディングに取り組んでいる。
可部 泰生
インターン
東京大学大学院工学系研究科メカノインフォマティクス専攻博士課程在学中。研究テーマは、神経科学に基づくヒューマンオーギュメンテーションの設計指針の開発。